Windows7からWindows10へアップグレード代行します

Windows7 サポート終了

Windows7は、2020年1月14日でサポートを終了しました。

もう、更新されることはありません。脆弱な部分が見つかっても修復されることもありません。

現在、Win7の更新画面を見ると、「現在サービスが実行されていないため、Windows Update で更新プログラムを確認できません。」と言うメッセージが表示されます。

Windows7のサポートが終了後危険

なら、新しいパソコンを買えばいい?

マイクロソフトでは、新しいパソコン(Win10)に買い替えることを推奨していますが、新たにパソコンを購入するとそれなりにお金がかかります。

また、新しいパソコンに乗り換えるには、今までWin7で使用していたアプリケーションやファイルのバックアップを取り、新しいパソコンへの引っ越し作業が待っています。

これ、とても面倒ですよね・・

そこで、デジベースでは、お客様のWin7をお預かりし、バックアップをとった後、Win10にバージョンアップしてお返しする「バージョンアップ代行サービス」を行っています。

Windows7から10へ更新

戻ってきたWin10は、今までのWin7と同じように使えます!

Win10になったパソコンは、バグや不具合、脆弱性も更新されますので、安心してお使いになることができます。

Window7からWindows10 へバージョンアップの注意点

お客様のパソコンをWin7からWin10にバージョンアップするにあたり、注意事項があります。

Win7からWin10 へ

お客様のパソコンの環境によっては、バージョンアップできない可能性もありますので、以下の項目をご確認いただき、お申し込みをお願いいたします。

アップグレードするにあたり必要な環境

  • プロセッサー 1 GHz 以上のプロセッサー
  • メモリー2GB以上
  • グラフィックカード DirectX 9.0 以上の GPU *3
  • ストレージ容量 16GB 以上の空き容量(32ビット)20GB以上の空き容量(64ビット)
  • ディスプレイ画面解像度 1024 x 600以上 *2

※環境が分からない方もOKです。弊社で見させていただきます。

Win10にバージョンアップできない場合

お客様のパソコンのスペックが低すぎる、ハードディスク容量が足りない、メモリーが足りない、画面の解像度が低い等の場合には、Win10への更新はできません。

これらの条件は、Win10へアップグレードする前段階でチェックできます。対応できないパソコンは、あきらめるしかありません。

また、Win10に更新されたとしても、マシンのスペックが弱く動作が遅くて使いものにならない、特定のソフトが使えないなどの症状がでることがあります。

さらに、音が出ない、画面が暗くなる、プリンターから印刷できない、増設USBが使えない等のトラブルが発生することがあります。

これらの問題は、パソコンのマシン性能、プロセッサーや、ドライバーやソフトが古くてマッチングされないために起こります。

このようなときには、回復機能を使ってWin7へ戻すしかありません。(ただしバージョンアップしてから10日以内しか戻せません)

上記のような場合は、Win10への更新をあきらめてインターネット接続しないで使うか、パソコンを新しく買い替えてください。

お客様のパソコン環境は様々です。バージョンアップを検討されている方は、まずはお電話でお気軽にご相談ください。

お問い合わせ電話番号
048-423-5020
営業時間:
火曜日~土曜日 10:00~19:00
日曜・月曜・祭日はお休みになります。

Copyright© パソコン講習・リモート講習・トラブル対応・各種制作【デジベース】 , 2020 All Rights Reserved.