IT全般

2年以上利用のないGoogleサービスのコンテンツは削除される予定

こんにちは、デジベースです。

先日12月7日にGoogleから「ストレージに関する重要なポリシー変更」のお知らせが届きました。

Googleポリシー変更

「ストレージ」とは、ファイルやメール、写真など「データを保存しておく場所」のことです。

一般的には、ストレージがいっぱいになるとこれ以上の保存ができないため、データを削除するか、ストレージの容量を増やすことになります。

また、「ポリシー」とは、方針や指針の意味で、GoogleポリシーとはGoogleの決め事ですね。

Googleの新しいポリシー

簡単に言うと、新しいポリシーは、
・Gmail(Gメール)、
・Google Drive(Googleドライブ)、
・Google Photos(Googleフォト)
をご利用の方で、2年間利用していない、または容量超過が続いている場合、コンテンツを削除する場合があると言う内容です。

コンテンツとは、主にGメールではメール、Googleドライブでは保存されているファイルやデータ、Googleフォトでは写真や画像の事を指します。

削除の対象は、2年間利用していないサービスまたは容量超過が続いているコンテンツであって、Googleアカウントそのものではありません。

コンテンツが削除されても利用中のアカウントは引き続き利用できます。

2021年6月1日以降、未使用または容量超過が続いている場合は、Googleから事前にお知らせが届くようです。また、コンテンツを削除する前にもお知らせが届きますので、Googleからのメールはチェックしてくださいね。

Googleポリシー変更による影響

ポリシー変更の発効日は、2021年6月1日です。削除は2年後となりますので、実際にコンテンツの削除が行われるのは早くとも2023年6月1日となります。

今、あわてて対処する必要はありませんが、利用する予定がないGoogleアカウントに大切なデータが保存されている場合は、どこかほかの場所に保存しておくことをお勧めします。

Googleのサービスを利用している人

世界最大のGoogleと言えど、ストレージは無限ではありません。全世界でどれくらいの人がGoogleのサービスを利用しているのかと思うと、想像すらできませんよね。

私もGメールは8つ(そのうち稼働しているのが4つ)、Googleドライブ(GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートも利用)、Googleフォトなど本当に便利に利用させてもらっています。

このような人が全世界にどれほどいるかと思うと、Googleのストレージは宇宙規模(笑)になるのではと思ってしまいます。

そこで、Googleのストレージについてちょっと興味がわいたので調べてみました。

Googleのストレージ

Googleは世界にたくさんのデータセンター(ストレージ)を所有していると言われています。

あくまで噂の領域で、すこし古い情報で申し訳ないのですが、10年以上前のGoogleの1つデータセンターの容量は、5ZB(5ゼタバイト)とも10ZB(10ゼタバイト)とも言われていました。

私たちがスマホの通信容量などで良く耳にするのは、ギガ、GB(ギガバイト)ですね。

最近では、保存メディアがTB(テラバイト)まで対応しているので、テラバイトまではご存知の方も多いのではないでしょうか。

ちなみに一番小さな単位から記載すると

  • ビット bit
  • バイト Byte
  • キロバイト KB
  • メガバイト MB
  • ギガバイト GB
  • テラバイト TB
  • ペタバイト PB
  • エクサバイト EB
  • ゼタバイト ZB
  • ヨタバイト YB

となります。

1,024B(バイト)=1KB(キロバイト)です。

コンピュータの単位は1,024と言う端数がある数字ですが、簡単に説明するため、1,024を1,000として表示してみます。

10ZB(10ゼタバイト)とは

10ZB(ゼタバイト)= 10,000EB(エクサバイト) = 10,000,000PB(ペタバイト)= 10,000,000,000TB(テラバイト)

10ゼタバイトとは、100億テラバイトと言うことになりますね。

10年前に比べるとインターネットは急速に拡大しておりますので、この数値はもはや天文学的な数字になっているかと思います。

ストレージには限りがある

今まで、GoogleやYahooなど他社のサービスを無料で利用していてストレージの事をあまり意識しなかった方も多いかと思いますが、ストレージには限りがあります。

yahooも最近色々見直しを始めましたよね。

以下は、Yahooが発表したコメントの引用となります。

Yahoo!ボックスはこのたび、近年のスマートフォン利用者増加によるストレージ利用環境の変化を受け、提供サービスの見直しを行うこととなりました。それに伴い誠に勝手ではございますが、2020年9月1日より、Yahoo!ボックスはお客様からお預かりしているファイルの読み出し専用ウェブサイトとなりました。
ご愛顧いただいたお客様には厚く御礼申し上げますと共に、今後のご不便について心よりお詫び申し上げます。

このポリシーの変更により、継続して利用できるサービスと終了するサービスがあるようですので、Yahooのサービスをご利用の方は、確認してみてくださいね。

つい先日も、Yahooフォトサービス終了により写真の保存先変更のサポートさせていただいた生徒様がいらっしゃいました。

このようにどのサービスもポリシーの変更がありますので、変更のお知らせは要チェックですね。

-IT全般
-, , , , ,

Copyright© パソコン講習・リモート講習・トラブル対応・各種制作【デジベース】 , 2021 All Rights Reserved.